花嫁衣装のレンタルで人気の白無垢とは?

花嫁衣装のレンタルで人気の白無垢とは?

最近の結婚式は和風のものも復活しているようです。従来はウエディングドレス姿が一般的でしたが、日本古来のスタイルが見直されています。中でも一番人気が白無垢です。それ以外にも色打掛なんて種類もあります。人前挙式をする場合には、どういった衣装を選べば良いのか悩みますよね。
 
  • 今回は【和風結婚式で着用する着物の種類や知識】についてまとめておきましょう。
 
◎白無垢に代表される花嫁衣装には、どういった種類があるのでしょうか?
新郎新婦が相談して和装を着用することになったら、次にしなければならないのは、花嫁衣装の種類や小物や柄のことが気になってきます。せっかくの結婚式なのです。少々こだわりを持って「これだ!」という1着を見つけてみませんか。
 
まずは花嫁衣装のバリエーションについてまとめておきましょう。
1番目は「白無垢」
最も格式が高い正礼装で、挙式にのみ着用するきまりです。武家社会の婚礼の流れをくんでいる古式ゆかしスタイルで人気です。
 
掛下から小物に至るまで、全てのアイテムが白色で統一されているのが特徴です。白無垢の白い色は神聖な色で太陽の光をシンボリックとしています。白はどういった色にも染まりやすい特徴から、「嫁いでいく先の家風に上手に染まります」という意味があります。
 
白無垢をまとうことによって心を凜とさせてくれる効果があり、挙式の際には角隠しや綿帽子をつけるのが通例です。
 
白無垢が始まったのは鎌倉時代とも室町時代とも言われています。この時代の武家や豪商の花嫁衣装として始まったとされているのです。女性たちは家から外へ出かけるときに、塵除けの目的で着物を頭からかぶったようです。その名残があるので白無垢には綿帽子がセットされているのです。
 
2番目は「色打掛」
色打掛も白無垢と同格の正礼装で、彩りの美しさだけではなくて縁起物の柄を選ぶのも楽しみの一つと言えるでしょう。こちらの方は白無垢と違って挙式にも披露宴にも着用できます。
 
挙式のときには角隠しをつけることもできます。ですが披露宴や会食でのお色直しをドラマチックに演出したいならば、挙式のときには白無垢を着て、お色直しで色打掛を掛け替えるとステキです。
 
色打掛の始まりは、室町時代末期から江戸時代にかけて遡ります。着物の上に、もう1枚別の着物を羽織る姿が流行っていました。それが武家の女性の正装とされていたのです。特に豪華絢爛な色打掛は裕福な町人や豪農へと広がっていったのです。
 
3番目は「引き振袖」
豪商や豪農などの名家が、武家社会にならって始めたのがきっかけになっています。裾を引きずって着用するタイプの振袖になり、そのスタイルから「お引きずり」と言われることもあります。裾を引いて歩く場合は、足が絡まる心配があります。
 
それを避けるために裾のへり部分「ふき」に綿を入れてふっくらとした感じになっているのが特徴です。挙式の際には角隠しをつけるのが一般的です。
 
江戸時代も後期になりますと、個性的な着物がでてきます。袖も身丈も長い着物がそれです。こういった引き振袖が武家社会の間で正式な婚礼衣装として定着します。
 
上流階級では花嫁の一般的な装いが「引き振袖に角隠しを合わせたスタイル」が定着してゆきます。引き振袖は華やかな印象があります。明治時代や大正時代は黒地の着物が流行したようです。
 
4番目は「振袖」
こちらは未婚の女性の第1礼装で挙式を終えた花嫁は翌日からミセスになります。結婚式では最後に着る機会になります。
 
挙式では着用される披露宴用です。未婚女性の慶事用礼服ですから、今では成人式でも着用されているので馴染みがあるのが振袖です。普通の振袖だけでは少々結婚式には地味ですから、通常より格上げして豪華なものにして婚礼衣装として仕上げてゆきます。
 
一般的には懐剣やはこせこ、末広等の花嫁衣装小物を使います。帯の結び方や生地も少しゴージャスなものにするわけです。打掛や色振袖よりも動きやすくなります。披露宴や会食や友達を集めてのパーティーならば選んでもいいでしょう。


名古屋で白無垢・打掛・色打掛・引き振袖・和装・花嫁衣裳等のレンタル|新木屋